弥生会計インストールでエラーコード「-2145124329」が出たときの対処法

Pocket

弥生会計インストールでエラーコード「-2145124329」が出たとき

このままでは弥生会計が使えないのではないか?と

不安になってしまいますよね。

しかし、心配後無用。

結果からいうと、エラーがでても弥生会計を利用することは

可能です。

そもそもエラーコード「-2145124329」は

KB2856676とKB256665のインストール中におきるエラーです。

エラーの原因は

「マイクロソフトからアップデートで既に同じ機能のKB3099862や

KB3072305、KB3048070などの機能がアップデートされているためです。」

ちなみに弥生会計のKB2856676とKB256665は

KB3099862などと同じ内容で、文字を印刷する際にエラーがでないようにするものです。

そのため弥生会計側で、既にインストールされているから不要だと判断し

エラーとなってでてしまうのです。

正直もう既にKB3099862がマイクロソフトからアップデートされているから

必要ないと教えてくれればいいのに・・・と思いますよね。

お使いのパソコン内に上記のKBのアップデートが入っているか確認する方法は

下記のとおりです。

1.スタート画面等から「コントロールパネルを開く」

2.「Windows update」を開く

3.「更新されたプログラム」開く

4.「更新履歴」を開く(更新履歴を表示しますでも可)

5.「インストールされたコントロールパネル」を開く

6.検索画面(Windows7だと右上にあります)でKB3099862かKB3072305かKB3048070で検索

以上です。

もしない場合はマイクロソフトから検索すると

インストールが可能です。

ちなみにKB2856676とKB256665で「-2145124329」エラーがでても

弥生会計を普通に使う分には困りません。

どうしても気になる場合は、

6の手順の後に対象のKBをアンインストールしてから

再度弥生会計をダウンロードしてみてください。

私は、ほかのプログラムをアンインストールしてしまう可能性があるので

おすすめはしません。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする