若いうちにチャレンジしなさいという言葉が最近わかってきた。今しかできないことがたくさんあるから時間を大切に。

Pocket

学生の頃、アルバイト先や親からよく「若い時にしかできないことを後悔しないようにやった方が良いよ」とよく言われていました。

当時は「?」という気持ちでしたが、社会人になってからようやくその言葉の意味がわかってきました。

今回は私の実体験で若いうちにやって良かったことをご紹介いたします。

若い時にしかできないこと

無計画で無茶な旅行

私は大学3年生の頃に日本半周旅行をしました。
もちろん旅館など何も決めずにその場のノリで友人達と待ち合わせをし、
親の車を借りてとりあえず高速に乗りました。

最終ゴールは京都にしようということだけを決めて、
サービスエリアで旅のガイドを買って車の中でどこに行くか決めるほどの無計画。

当時はそれが楽しくて仕方ありませんでした。

もちろん宿もとらずにでたので、漫画喫茶に泊まったり、女4人でラブホテルに泊まったりと、今と違って体力もあったので何でもありでした。

その無計画の旅行にハマって、大学4年生の頃には残りの日本半周旅行もしました。

期間も決めていなかったのでアルバイトも電話で連絡して急遽休んだり、
他人に迷惑もかけました。

しかし、今となっては非常に良い思い出です。
写真を見るだけでにやついてしまいます。

これを見た若い方は騙されたと思ってぜひチャレンジしてもらいたいです。

社会人になると難しい

社会人になると上に書いたような旅行はなかなか難しいですよね。

まず、日程を合わせるだけで難しいですし、急遽仕事を休むなんてこともできません。

家族がいれば尚更ですし体力的にもキツイですよね。

ノリで起業

新入社員で就職した会社があまりにブラックでした。
寝ないで朝から次の日の夕方まで勤務したこともありましたし、普通に仕事をしているだけなのに専務や常務に蹴られるなんてことは日常的でした。

そこで営業には自信があったので半年働いた会社を辞めて、思い切って自営業をスタートしました。

色んな会社にアポなしで伺って、「御社の商品を売らせてください」と回り続け、食品を訪問販売で売らせてもらえる契約をしました。

契約がとれるまで3ヶ月程かかりましたが、会社員の頃のトラウマがあったので続けられました。

契約がとれたときは嬉しかったですし、色んな人脈ができたことも今となっては生きています。

また、飛び込みで訪問販売するのでメンタルも強くなりましたし、1週間に2000人近くの人達に営業していたので営業のノウハウが身につきました。

もちろん辛いことが多いですし、仕事量の割にはお金にならず、せっかく稼いでもクライアントに半分持っていかれてしまうので手取りは10万円程でした1日15時間働いていたのに。

営業だけでなく経理や仕入買付、クレーム対応など全て自分1人でやらなくてはいけませんでしたが、若いうちに色んなことが経験できて良かったです。

若いうちでないと失敗を補うのが大変

順調に稼げるようになっていって、手取りも40万円程まで増え貯金ができるようになってきました。

しかし、そんなことを続けていたので身体を壊してしまいました。

若さゆえか健康保険なんて存在を気にしていなかったので、もちろん保険はおりずに貯金は全て泡のようになくなりました。

当然親や当時付き合っていた方からも反対されていたので、この身体を壊したことが決定打となり、自営業はたたみました。

これが50代だったらどうでしょう?

なかなか就職も出来ずに生活保護になるなんて可能性もあります。

それに物事を吸収する脳力も若い方が強いので、なかなか難しいですよね。

だからこそ若い方達には失敗しても取り返せるので失敗するつもりでやりたい事をやってほしいと思います。

挑戦することは全く恥ずかしくありません。

指を刺されて笑われることもあるかもしれませんが、挑戦しないことが1番恥ずかしいです。

自分の想像できないことを怖がって、怖くても挑戦してる頑張ってる人を笑うなんて正気の沙汰ではありません。

自分ができないのを人を馬鹿にして、できない気持ちを和らげているだけです。

挑戦する人は色んな経験や人脈ができます。
この世は挑戦する人が勝ちます。

オススメ企業を資料請求【無料】



街コン

街コンには年齢制限があります。

また、20代~30代と年齢層が広いと大抵人が集まらない街コンのため、男6人に女2名といったことにもなります。

そうなるとお金ももったいないですよね。

20代限定の街コンを選択するのが一番楽しかったし、満足度も高いです。

また、街コンは何も異性との出会いだけがあるわけではありません。
同姓同士で友達ができたり、同じ志を持ったビジネスパーソンもできます。

私は今でもそのビジネスパーソンを情報のやりとりをしたり有益な情報を提供してもらったりと何かと助けられています。
同姓の友達とも合コンを組んだり、一緒に飲みに行って昔話をしたりと一生の友達にも出会うことができます。

街コンについては後日詳しく書きますが、若いうちに必ず行っておいたほうが良いです。

参加者100万人突破!日本最大級の合コンセッティングサービス【コンパde恋ぷらん】



365日毎日恋活パーティー開催中♪【ルーターズ】

相手のことを考え、思いやりを持って人に優しくする

社会人になると友達を作るのが難しくなります。
仕事が忙しく、学生時代の友達も結婚していって昔のように会うのも難しくなっていきます。

しかし、一生の友達とは意外といつでも会うことができます。

それは、その友達を大切にしていたからその友達も自分のことを好いてくれますし、大切にしてくれます。

思いやりを持って接するのは友達だけではありません。親や祖父母も大切にしなくてはなりません。特に祖父母はあなたのことをいつも思っています。

いつまでも元気に長生きしているわけでもありません。いなくなってから後悔してももう遅いのです。
どうすれば恩返しができるのか、あなたにしかわかりません。

今は恥ずかしい気持ちやそんな先のことを考えられないと思う人もいるかもしれませんが、今はわからなくとも絶対に周りの人に感謝して恩返しできるような人間になりましょう。

就職したときにそれは必ず役に立ちます。上司や周りの社員が何を求めているのか分かり、行動できる社員は必ず出世します。

また、何よりも何度も言いますがいなくなってからでは遅いのです。
これは過去の私に対しても言っています。

必ず周りの人に感謝し、親や祖父母、友達に恩返しする気持ちは大切にしましょう!

最後に

長くなってしまうので若いうちに挑戦した方が良いことを箇条書きにします。

・シェアハウス
シェアハウスもオススメです。
いろんな人と出会えますし、それこそ一生の友達やカップルになる人もいます。
私も自営業時代にシェアハウスに住んでいましたが、毎日が非常に楽しかったです。

皆でご飯を作ったり、寝ている人の顔に落書きしたりされたり・・・
一生の思い出です。

何より、人見知りな性格も治りましたし、寂しがりやの人にはうってつけです。
始めは緊張するしなかなか一歩足が踏み出せないかと思いますが、慣れると毎日が修学旅行の夜みたいです。
とにかくオススメです。

仲介手数料最大無料のお部屋探し【ネクストライフ】

・筋トレやダイエット
若いうちから筋肉や体力をある程度つけておいたほうが良いです。
歳をとってから始めるよりも、若いうちは成長ホルモンが非常に多く身体で作られるので、痩せやすく筋肉もつきやすいです。
そのため、若いうちに痩せやすい健康な身体を作っておくほうが効率的です。

また、歳をとってから急に始めると腰やヒザを悪くしてしまう可能性があるので
やはり若いうちに始めたほうが良いです。

以上、若いうちに絶対に挑戦したほうが良いことを記載しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければはてブお願いします。

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする