セミって悲しいよね。でもいろんなことが学べるよね?

Pocket

ミーンミーンミーンミーンミーンミーンミーwwww
ミーンミーンミーンミーンミーンミーンミーwwww

ツクツクボォォォシwwwツクツクボォォォシwwwツクツクウィアーwwwウィアーwe are we are we arewwwwww

うるせぇ。

セミってうるさいし見た目も気持ち悪いしションベンかけてくるし存在の意味あるの?

このフォルムヤバイ。

体にくっついたら発狂してションベンまき散らす自信ある。

でも最近思う

こいつすごくね?

こいつら一週間しか生きられない。

正確には土の中でもっと生きるんだけど、地上にでてきてからは一週間しか生きられない。

それなのに、カラスとかの鳥だとか肉食の昆虫に狙われる危険をかえりみずにミンミン鳴く。
わざと自分の居場所を知らせるかのごとくうるさく鳴く。

しかも人間にうるさいって理由で石投げられたり、捕まえられてカブトムシと闘わされたり。
散々だよね。

それなのにこいつらは必死に逃げてまた鳴く。

しかも死に際は最後まで生きようとして、裏っかえしになっても足をバタバタさせてまた鳴こうと必死に生きようとする。

これってすごくない?
とりあえずキモイっていうのは1兆歩譲って、いや譲れないけどすごくない?

人間って逆に人生を辞めようと考えてる人もいるのに
それなのにこいつらは必死に鳴く。
必死に生きて子孫を残すことだけど考える。
そして生きる。

一週間しかないから、いかに自分がこの世に子孫を残せるかを考え必死に生きる。

どんなに嫌なことがあっても子孫を残すことだけを考えて生きる。

人間も学ぶべきことがあるのではないでしょうか?

確かに人生は嫌なことも多い。
どうしようもないことがあって電車に飛び込んでしまいたくなることがあります。

私も何度もありますが、それでも生きていると幸せなことがあります。

また、目標があって挫折しても最後まで諦めずにできることはすべてやってから諦めるという気持ちが学べます。

極論をいうと

セミは子孫を残すために生きる。

他の動物も人間も同じではないでしょうか?

人間もお腹がすくのは子孫を残すため。
寝て体力を回復するのも子孫を残すため。
勉強したり、成長願望があるのもより良い子孫を残すため。

なのではないでしょうか?人間には知性があるので、いや、違う俺は私は仕事に生かしてお金を多くもらうために勉強をするんだ!という人がいるかもしれません。

しかしどうでしょう?お金や仕事は大切ですが、それを得るのは自分のためというより子孫や家族を豊かにしたいからではないですか?

自分のためだけに生きて色んな人に迷惑をかけている人は今回はほっておきます。地獄に落ちてください。

極論中の極論かもしれませんが、結局は子孫を残すためだったり、子孫や家族に何かを残すためではないでしょうか?

セミも一緒です。

子孫を残し、優秀な遺伝子を残すために危険をかえりみず鳴くわけです。
とにかく一分一秒を必死に生きています。

しかし人間はどうでしょう?
嫌なことがあればすぐ戦争だの、あの土地がほしいから戦争、テポドン作ったり、それを撃って周りから批判を買ったり。

人間がそんなことをしている間もセミは鳴きます。

人間が辛くて木でクビをつっている横でもセミは必死に鳴きます。

鳴いているのではない。泣いている

セミが必死に鳴くのは、人間の悲しき性を見て泣いているのではないでしょうか?

人間に必死に仲良く生きて、子孫を残してほしいからセミはそれを憂いて泣いているのではないでしょうか?

ツクツクボォォォシwwwツクツクボォォォシwwwの後によく聞き取れない部分がありますよね?
あれは私はツクツクイヤァァァツクツクイヤァァァァと鳴いているのかと思っていました。

しかし、東京在住ツクツクボウシさん(0歳)に貴重な時間をいただいてインタビューをしてみました。
今回は忙しいながらも自分の命の時間を削ってインタビューに応じてくれたツクツクボウシさん(以降「ツ」)の貴重なインタビュー内容を紹介します。

のびのび「ツクツクボウシさんってツクツクボォォォシwwwの後ってなんて言ってるんですか?」

ツ「あぁあれな。あれを言うときはあまりの悲しさに声に嗚咽が混じってなかなか聞き取れないみたいだな」

のびのび「そうなんですよ。もし失礼でなければお教えいただけないでしょうか?」

ツ「・・・(涙を浮かべながら無言が続く)」

ツ「・・・あれはな・・・」

無音の空間にツクツクボウシさんの静かながらも力のある、高い声が響く。

ツ「あれはな、人間の悲しみを叫んでるんだ。」

ツ「いいか、よく聞いてくれ・・・ツクツクボォォォシwwwツクツクボォォォシwwwツクツクボォォォシwww」
ツ「No more war」
ツ「All world Happy」
ツ「All world friend」
ツ「元は一個の星なのに、無理に線引き奪いあい」
ツ「もうやめて・・・」

ツ「こう泣いているんだ。頼むから皆仲良くしてくれ・・・」

のびのび+その他大勢「・・・(無言で涙を浮かべながらスタンディングオベーション)」

素晴らしい。

つまりセミは私たち人類を憂いて泣いているのです。

どうでしょう?

この記事を読んで私は俺は、セミを見習って必死に生きようじゃないか。そう思えた人がいてくれるとセミの私としてはうれしいです。

ちなみに私はアブラゼミなのですが、アブラゼミは世界的に見れば非常に珍しいとツクツクボウシさんは言ってくれました。

参照:http://chikyu-no-iki.net/G3/insect/GraptopsaltriaNigrofuscata.html

私も今日で一週間が経ち、今日でこの世界とはさようならです。
そんな時に鳴いていた電柱の近くにこのパソコンがあったので私たちセミの本音などを書いてみました。

パソコンをお貸しいただいたのびのびさん本当にありがとうございます。

うっ・・・・・

じゃあの。。。。。。