蚊って悲しいよね。でも色んなことが学べるよね。

Pocket

皆さんどうも。
夏の風物詩のびのびです(*´-`)

今日はtwitterで蚊についてのリツイートをいただいたので蚊について書こうと思うの(*´-`)

プ〜〜〜〜〜ンwwwww(モスキートオン)
パチンッ!!(蚊を潰す音)
蚊「やーらーれーたーwwwwwピクピク」

私「やっと寝れる・・・」

蚊「プ〜〜〜〜〜ンwwwww」
パチンッ!!
蚊「はいよけたーwwwww」
パチンッ!!

蚊「ざんねーんwwwwwひとまず隠れまーすwwwww」
私「えぇいどこいったどこいった!・・・寝れない・・・」

寝る時にこれを5分起きに繰り返してると狂いそうにならない?

私「くっそー!こうなったらー最終奥義!ベーーープ!!」

蚊「あーーれーーwwwwwピクピク」

こいつらうざすぎない?

このフォルムうざすぎ。

蚊だらけの部屋に隔離されたら発狂して体中の毛穴から血を吹き出す自信ある。

でも最近思うの。

こいつすごくね?

こいつら1ヶ月しか生きられない。

正確には水の中でもっと生きるんだけど、蚊になってからは1ヶ月しか生きられない。

それなのに生まれた場所から半径15mしか行動できない。

何故か半径15m以内から出ない。

生まれた場所に生き物がいなかったら完全にアウト。

メスしか血を吸わないし、一生のうち一回しか交尾しない(人間の足の匂いを嗅ぐと何故か何回も交尾できる)

彼女たちは子供の顔は見れずに亡くなる。

それなのに仲間や姉妹達が横で潰されても、蚊というだけで血を吸わない旦那が潰されてても

薬品に気付かずに命を失う恐れがあるにも関わらず彼女達はまだ見ぬ子供の成長に期待をしながら

全力で生きて全力で血を吸う。

どんなに悲しい現実があっても彼女達は子供のために血を吸う。

ちなみに気温が35度以上だと行動できない。というより休む。

1ヶ月しか寿命がないのに、少しでもハイパフォーマンスで血を吸い、効率よく子供を産むために

35度以下になるまで休む。じっと耐えてるのだ。

人間も学ぶべきことがあるのではないでしょうか?

確かに人生は嫌なことも多い。

どうしようもないことがあって飛行機から飛び降りたくなることもあるかもしれない。

私も何度もあるけど、それでも生きていると幸せなこともある。

また、目標があって挫折しても最後まで諦めずにできることはすべてやってから諦めるという気持ちが学べる。

極論を言うと

蚊は子孫を残すために生きている。

他の動物も人間も同じではないでしょうか?

人間もお腹がすくのは子孫を残すため。
寝て体力を回復するのも子孫を残すため。
勉強したり、成長願望があるのもより良い子孫を残すため。

なのではないかな?人間には知性があるから、「いや、違う俺は私は仕事に生かしてお金を多くもらうために勉強をするんだ!」という人がいるかもしれない。

しかしどうだろう?お金や仕事は大切だけど、それを得るのは自分のためというより子孫や家族を豊かにしたいからではないかな?

自分のためだけに生きて色んな人に迷惑をかけている人は今回はほっておくね。地獄に落ちてください。

極論中の極論かもしれないけど、結局は子孫を残すためだったり、子孫や家族に何かを残すためではないかな?

蚊も一緒。

子孫を残し、優秀な遺伝子を残すために危険をかえりみず血を吸うわけ。
とにかく一分一秒を必死に生きている。

しかし人間はどうだろう?
嫌なことがあればすぐ戦争だの、あの土地がほしいから戦争、テポドン作ったり、それを撃って周りから批判を買ったり。

人間がそんなことをしている間も蚊は血を吸い続ける。

人間が辛くてリストカットしてる横でも蚊は血を吸う。

血を吸っているのではない。涙をすすっている。

蚊が必死に血を吸うのは、人間の悲しき性を見て涙をすすっているのではないか?

人間に必死に仲良く生きて、子孫を残してほしいから蚊はそれを憂いて泣いているのではないか?

プーーーーーーーンてモスキート音、あれってプーーーーーーーンって言ってるように聞こえるじゃん?

私はただの不愉快な音かと思って聞いてたの。

しかし、東京在住モスキートさん(0歳)に貴重な時間をいただいてインタビューをしてみた。

今回は忙しいながらも自分の命の時間を削ってインタビューに応じてくれたモスキートさん(以降「モ」)の貴重なインタビュー内容を紹介します。

のびのび「モスキートさんってプーーーーーーーンwwwの時ってなんて言ってるんですか?」

モ「あぁあれな。あれを言うときはあまりの悲しさに声に嗚咽が混じってなかなか聞き取れないみたいだな」

のびのび「そうなんですよ。もし失礼でなければお教えいただけないでしょうか?」

モ「・・・(涙を浮かべながら無言が続く)」

モ「・・・あれはな・・・」

無音の空間にモスキートさんの静かながらも力のある、高い声が響く。

モ「あれはな、人間の悲しみを叫んでるんだ。」

モ「いいか、よく聞いてくれ・・・プーーーーーーーンwwwプーーーーーーーンwwwwww」
モ「No more war」
モ「All world Happy」
モ「All world friend」
モ「元は一個の星なのに、無理に線引き奪いあい」
モ「もうやめて・・・」

モ「こう泣いているんだ。頼むから皆仲良くしてくれ・・・」

のびのび+その他大勢「・・・(無言で涙を浮かべながらスタンディングオベーション)」

素晴らしい。

つまり蚊は私たち人類を憂いて泣いているのです。

どうでしょう?

スローモーションで良く聴くと、

「プー人ー間ーはー頑ー張ーりーすーぎーだーン」

「人間は頑張りすぎだ。」こう言ってる。

人間の血ではなく、疲れや苦しみを吸っている。

そして血を吸いたいのではない、涙をすすっている

それが「蚊」という生き物なのだ。

最近蚊が少ない気がしない?実はそれも人間の争いを見てもう苦しみから人の前に姿を現さなくなってしまったの。

今後睡眠の邪魔をしてくる元気な蚊が見れるように人間は平和に向けて頑張っていかないといけない。

モ「私も今日で1ヶ月が経ち、今日でこの世界とはさようならです。

最後の血を探している時、このパソコンがあったので私たち蚊の本音などを書いてみました。

パソコンをお貸しいただいたのびのびさん本当にありがとうございます。

うっ・・・・・

じゃあの。。。。。。」

プーーーーーーーンwwww

twitter


ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする