短時間でも寝不足解消、ぐっすり眠るための方法は意外な○○!?

Pocket

たくさん寝てるのに眠い。

最近忙しくて全然眠れない。

かくゆう私も休みの日はほとんど眠って過ごす程常に眠い体質でした。

しかし、常に眠いのはちゃんとした理由があり、その理由を解消すれば質の良い眠りをすることができ、仕事中に眠くなることはなくなりました。

今回はその原因と解決法を記載していきます!

寝てるのに眠い理由

たくさん寝ているのに眠い理由は、
「寝てると思ってもちゃんと寝れていない」からです。

これはどういうことか?

眠るときは安心して眠らなくてはいけません。
緊張感(ストレス)を睡眠に持ち込むと質の良い睡眠はとれません。

例えば、眠る前に毒蜘蛛を見てしまうと、怖くて眠れませんよね。
眠れたとしても、緊張の糸は張ったままなので、途中目覚めてしまいます。

それと同じで緊張したまま寝ても良い睡眠はとれません。

ちなみに眠る前のストレスとは・・・

・スマホやテレビのブルーライト
・体温の低下
・部屋の汚れ(物が散らかっていたりホコリがあったり)
・仕事の不満など日常のストレス
・部屋の匂い

・・・などなどです。

ショートスリーパーの人は、自然と眠るときと眠っている時に緊張がほとんどない状態で眠っています。

ショートスリーパーはこんな人が多い

ショートスリーパーの人は実は社長やオーナーに多くいます。

その理由は日ごろからストレスの解消方法が上手いことや、

あることを習慣化しているためです。

その習慣等は次節で説明します。

緊張を減らし質の良い眠りを手に入れる方法

ブルーライトカット

スマホやテレビを眠る直前まで見ている人はなかなか眠りの質が良くなりません。
その理由は脳が興奮し、緊張の糸を張ったまま寝ているためです。

そのため、最低でも眠る1時間前は部屋を暗くして電気も消し、
できればロウソクの火や間接照明などで本を読むのをオススメします。

優しい間接照明

とは言っても、本も読みたくないしスマホやテレビをいじりたい!という方は
ブルーライト削減のパネルをテレビにつけたり、
スマホにつけるのをオススメします。

ブルーライト削減パネル

また、スマホであればブルーライトを消す機能のついているスマホもあります。

iPhoneであれば、ホーム画面で下から上にスワイプすると下から2番目に「Night Shift」をオンにするとブルーライトを削減できます。

部屋を綺麗にする

部屋を綺麗にするのも眠りには重要です。
ホコリをたくさん吸ってしまうと、寝ている時に気付かずに咳き込んだり
集中して眠ることができません。

休みの日は部屋を綺麗にして、布団を干した後に掃除機でホコリを吸い
寝るときに空気清浄機で空気も布団も綺麗にして眠ってみましょう。

次の日の朝の寝起きが変わります。

シャープ×ダスキン!空気清浄機レンタル!まずはお試し!



今なら無料でお試しできるのでオススメです。

無料なので試してみて気に入らなかった、やっぱりいらないなと思った時は返却できます。

サプリメントを飲んでみる

人間の睡眠には大きく2タイプあり、
●レム睡眠は、浅い眠りの状態
●ノンレム睡眠は、深い眠りの状態
このノンレム睡眠は「脳の眠り」と言われており、睡眠の「質」に大きく影響します。

質と同じく大切なのが、いかに早く睡眠状態へと入れるか
リラックス状態にさせる副交感神経を活性化する事で、
スッと睡眠状態へと誘い少しでも多くの睡眠時間の確保へとつながります。

◆睡眠の「質」と「導入」に特化した物質があります。
それは、ラフマ葉は、GABA(γ-アミノ酪酸)です。
睡眠の「質」と「導入」それぞれに作用する素材となっています。

●ラフマ葉
ノンレム睡眠時間の割合を増加させ、睡眠の質を向上させます
●GABA(γ-アミノ酪酸)
血圧を下げる降圧作用と興奮状態や不安な状態になった精神を、リラックスさせ落ち着かせる作用があります

更に安定した睡眠へと促す為に
●クワンソウ
沖縄の方言では「ニーブイグサ(ねむり草)」とも呼ばれる伝統的なハーブ
●カミツレ
鎮静、消化促進、発汗作用などがあり、ヨーロッパでは古くから民間薬として親しまれてきたハーブ
日本ではカモミールとして知られています。

上記の含まれたサプリメントをとるのもオススメします。

質の高い休息×スムーズな導入【Dr’sラフマ葉GABA】



初回は30%オフで購入することができます。

しかし、約一か月分が5000円と少々お高めです。

お高めですが効果はあります。
すぐに眠りの改善をしたい方にはオススメです。

でも値段も値段なので無理のない程度に試してみましょう。

寝る前に食べ過ぎない

寝る3時間前に食事を食べ過ぎると血圧が急激にあがることや、
消化にエネルギーを消費してしまい、良質の睡眠をとることはできません。

夜は寝るだけなのでエネルギーをとる必要はありません。
なるべく少なめに食事をしましょう。

どうしてもたくさん食べてしまう人は寝る3時間前には食事を済ませましょう。

身体を温める

身体が温まると、体温を下げるために睡眠のホルモンが分泌されます。
寝る1時間前に38℃から40℃のお湯に浸かりましょう。

タバコをやめる

喫煙をすると、良質な睡眠をとれません。
成長ホルモンや睡眠ホルモンの分泌を阻害されることや
活性化酸素の除去などで睡眠時にもストレスと共に睡眠をしているため
朝ぐったりする人は非常に多くいます。

ぐっすり眠りたいのであれば禁煙は必須です。

禁煙する方法は過去記事にもまとめられているのでご参考までに

自力で禁煙できるたった一つの方法があると断言します。

自律神経を整える

自律神経が乱れている人は睡眠の質が悪くなります。

自律神経を整える方法は様々あります。
例えば、水風呂や水シャワー、サウナなどです。

手軽にできる方法は瞑想です。

冒頭でも触れましたが、実は経営者や社長が習慣として瞑想をしている人が多くいます。

スティーブジョブズも一日一回は瞑想するようにしていました。

瞑想の方法は、ベッドで仰向けになり、
腹式呼吸で、4秒ゆっくり息を吸い、8秒間息をとめ、8秒かけてゆっくり息を吐きます。
これを何度か繰り返しているうちに気付いたら寝てしまいます。

瞑想のコツは何も考えないように頑張ることです。

でもずっと腹式呼吸もつらいと思うので、15分間だけと決めてやるのも良いです。

まとめ

以上、手軽にできる睡眠の質を上げる方法を紹介しました。

ちなみにベットは非常に重要です。
ロフトベットは本能的に落ちたら危ないという緊張があるのでオススメしません。
また、ギシギシうるさい音のするベットも寝返りの際に音が出るという緊張があるので
オススメできません(本人体験談)

オススメは布団ですが、フローリングの家に住んでいるかたは
眠りに最適なマットレスなどあるのでそちらも紹介しておきます。

マットレスを変えると姿勢も変わる。エアピーク誕生【あんみん】



眠りとは一生付き合っていくものなので、なるべく早く解決したいですよね。

この記事を読んでいただいた方が少しでも悩みが解決できますように。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければはてブをお願いします

ブログランキング
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする